• HOME
  • CELESY
  • BEAUTY
  • 【海外メイク】動画に出てくる単語の意味とメイクのコツを詳しくご紹介!

【海外メイク】動画に出てくる単語の意味とメイクのコツを詳しくご紹介!


海外Youtuberのメイクアップ動画を見るのが好き!という方、読者の皆さんの中にも多いのではないでしょうか??

筆者は大好きで、暇さえあればmakeup tutorial (メイクアップチュートリアル)と検索して、メイクの手順を見て研究しています。

もちろん動画は英語ですが、その中でもよく出てくる単語ってあるんです。

今回は、その頻出単語を解説しながら、おすすめや海外でトレンドになっているメイク方法を紹介します!

目元のインパクトなら「クリース」メイク!


まず最初に紹介するのが「クリース」

クリースとは、目と眉毛の間にあるくぼみのこと。
手で触ってみるとわかりますが、骨格に沿って、少しくぼんでいるところがあるはずです。

日本人の骨格だと、このクリースはわかりづらい場合もありますが、手でさわってみるとわかるはず!

欧米の方だとこのクリースがしっかりとわかりやすくなっている人が多いです。
目元の彫りの深さはこのクリースを強調することで演出できます!

ふわふわのアイシャドウブラシをつかって、肌の色よりワントーンかツートーン程度暗い、ヌード系のカラーをこのクリース部分に仕込んでいきます。

触って確認した骨格のくぼみに沿って、ブラシでなぞるようにヌードカラーのアイシャドウをのせてみてください。

ノーズシャドウ用のパウダーなどでも代用できます!濃くなりすぎないようにすると、不自然にならないのでおすすめです。

このちょっとした一手間で、アイメイクがぐっと垢抜けて見えます。
彫りの深さもプラスされて嬉しい!
不自然にならないように、ブラシでしっかりとブレンドするのがポイント!

クリース部分を強調できたら、いつも通りのアイメイクをしてください。
いつもよりちょっと目元が強調されて見えるはず!

カットクリースの詳しいメイク方法はコチラから↓↓

「コントアリング」で彫りの深い顔を演出


日本でもじわじわと広まってきている「コントアリング」

「コントアリング」は、顔の陰影を強調する方法のことです。

頬骨や額付近なら髪の生え際、顎のラインなど、顔の輪郭を作っている部分に、暗めのカラーをのせることで、顔の彫りを深く見せる方法です。

コントアリング用の商品には、パウダータイプ、スティックタイプ、リキッドタイプなど様々な種類があります。

パウダータイプなら、大きめのブラシを使って、頬骨に沿ってコントアリングをするのがおすすめ。

口をすぼめるようにすると、頬骨の位置が見えやすくなってコントアリングしやすいです!

スティックタイプ、リキッドタイプはしっかりブレンドするのがポイント♪
スポンジなどを使って、顔の外側に向かって伸ばしていくイメージでブレンドしてくださいね。

特に顎のラインは不自然にならないように、首の方向に向かってしっかりブレンドすれば、不自然なラインが残っていた!ということを防ぐことができます!

陶器肌になるには「ベイキング」が欠かせない


「ベイキング」って聞いたことありますか?

これは、フェイスパウダーをスポンジにたっぷりとって、目の下、頰の下から顎にかけてのラインなどにパウダーをのせる方法のことです。

ベイキングをすることによって、ベースメイクを密着させる効果が期待できます!

目の下など、光を集めたい部分にパウダーをしっかりのせて、少し時間を置いてから、大きなふわふわのブラシではたき落とします。

先ほど紹介した、コントアリングした頬骨の下の部分、顎から耳にかけてのラインをベイキングするのもおすすめ。

さらに顔の輪郭はコントアリングすれば、顔の陰影がはっきりして彫りの深いルックになります!

  • ベースメイクの仕上げにベイキングをしておく
  • アイメイクなど他のパーツのメイクをする
  • ベイキングしていた部分のパウダーをしっかりとはらう

こうすることで完璧なフルメイクが完成します!

ベースメイクを崩したくない日や、ばっちりメイクできめたい日におすすめ!

メリハリ顔を手に入れよう!


今回は海外メイク動画でよく出てくる単語と、メイクのコツを紹介してみました!

持っているコスメでも、使い方をちょこっと変えてみるだけで、いつもと違うルックを楽しむことができます。
今回紹介したメイク方法がたくさん動画で見られるはずなので、海外のメイク動画もぜひチェックしてみてください!

PICK UP

関連記事一覧