• HOME
  • CELESY
  • BEAUTY
  • 【海外風ヘア】ハイライトとバレイヤージュについて詳しくご紹介♡

【海外風ヘア】ハイライトとバレイヤージュについて詳しくご紹介♡

これから夏に向けて、海外風おしゃれヘアにしようと思っている人も多いはず!海外風ヘアって検索すると、よく出てくる”ハイライト”や”バレイヤージュ”。

それぞれどんな特徴があるのか知ってる?今回は、海外ヘアに憧れる人必見!

”ハイライト”、”バレイヤージュ”の特徴や違い、ハイトーンの髪色にしたい人におすすめのケアブリーチについても紹介!夏に向けた新しいヘアカラーの参考にしてみてね!

ハイライトについておさらい

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤本竜◎ハイライト◎グラデーションカラー◎ハイトーンさん(@ryu19911991)がシェアした投稿

ハイライトカラーは線状に細くブリーチして明るいカラーをのせていくの。もちろんブリーチせずに、ハイライトを入れることも可能。

でも、ブリーチするとより立体感が出たり色も入りやすくなるの!ハイライトを入れることで、毛量の多い人も軽い印象に。

ハイライトは、巻きスタイルが特にオススメ。コテで巻くことで動きが出て、メリハリ感のあるスタイルになっちゃうよ♪

■ローライトとハイライトの違いは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

maison de massuさん(@maison_de_massu)がシェアした投稿

全体のカラー(ベース)よりも暗い色を入れるのがローライト。

 

この投稿をInstagramで見る

 

福井市カラー専門 髪色美容師 color・comさん(@mitocolor)がシェアした投稿

全体のカラー(ベース)よりも明るい色を入れるのが、ハイライト。

今話題のフレーミングハイライトはコチラをチェック♪

■ハイライトの効果

 

この投稿をInstagramで見る

 

Melissa Cook ( Missy )さん(@missysueblog)がシェアした投稿

○小顔効果、目力アップ

○髪色のムラが目立たなくなる

○髪全体がつやっぽく見える

■セレブのハイライト♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿

ヘアスタイルもおしゃれ上級者のミランダは、顔まわりの部分にしっかりハイライトを。

バレイヤージュについておさらい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lauren Viseth🎀さん(@laurenviseth)がシェアした投稿

バレイヤージュとは、ホウキで掃くという意味のフランス語。カラーをするハケをホウキに見立てて、サッサッと塗っていくみたい。

仕上がりの特徴は、髪の根元の方にも明るいところがあるし、毛先にも暗いところがあること。髪の上下に明るさと暗さが入るから、グラデーションカラーよりも立体感が増すよ!

バレイヤージュは、「ハイライトとグラデーションをミックスしたもの」と定義されることも。バレイヤージュとハイライトの違いは、こんな感じ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

F.Mさん(@zelo_hair_fm)がシェアした投稿

ハイライトは表面に陰影がはっきりついていて、バレイヤージュは全体的に動きが出る感じ。

■バレイヤージュの魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kimi Ruth | OC Hairstylistさん(@kimiruth_hair)がシェアした投稿

○自分だけのオリジナルスタイルができちゃう!ハイライトのカラー、明るさ、毛束の量や太さを変えると自分だけのスタイルが手に入る。

○比較的短い時間でカラーリングできる!ハイライトはホイルを使うから、しばしば時間がかかることも。でも、バレイヤージュは比較的短い時間でカラーリングができる。

■バレイヤージュカラーのセレブ♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jessica Albaさん(@jessicaalba)がシェアした投稿

女優兼実業家のジェシカ・アルバ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MFG🦋さん(@favoritegirlscollection)がシェアした投稿

ファッションモデルだけでなく女優、歌手など多彩に活躍するカーラ・デルヴィーニュもロングヘアの時は、バレイヤージュ。他にも様々なセレブ達がバレイヤージュカラーにしているみたい。

ハイライトとバレイヤージュの共通点♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex Gabouryさん(@alexgaboury)がシェアした投稿

○髪の長さを問わずおしゃれに見える!カラーだけで立体感や動きが出るから、ショートでもおしゃれヘアに。

○グラデーションに比べてダメージレス!全体ブリーチをする必要もないし、毛先全体をブリーチをする必要もないからダメージが少なくできちゃう♪

○巻き髪だけじゃなく、ストレートも可愛い!髪全体に立体感や動きがあるからストレートでもおしゃれに仕上がる。

ダメージレスのブリーチがあるって知ってる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

西村涼さん(@balayage_nishi)がシェアした投稿

ハイライトやバレイヤージュなどを楽しみたいけど、ブリーチに抵抗があるって人もいるのでは?

ブリーチをすると、通常のカラーだけでは難しい明るいカラーや透明感のある髪色も実現できる!ただ、そこでみんなが一番気になるのがブリーチによるダメージ。

でも、最近は髪にできるだけタメージを与えずにブリーチできる商品が!それが”ケアブリーチ”!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hair Make Konishiさん(@official.konishi)がシェアした投稿

ケアブリーチのメリット♡

○普通のブリーチよりも髪へのダメージを大幅カットできる

○髪にハリ、コシ、ツヤが!

○枝毛や切れ毛が約90%以上削減できる

○ブリーチ後にダブルカラーをしても色ムラが起こりにくい

デメリットを上げるとすれば、値段が少し高いこと。美容院にもよるけど、約2000円前後プラスでかかるみたい。でも、髪を出来るだけ痛めないでブリーチできるなら、そんなに高くないかも?

市販で売られている自分で染めるブリーチ剤は、ダメージが強いみたい。ブリーチをするなら、美容院でやってもらうのがオススメ!

海外風のヘアにしたいなら、ワンカラーじゃなくてハイライト・バレイヤージュがオススメだというのは、伝わったかな?
最初は、暗めのカラーにして色落ちを楽しむのもアリ!

髪色を長持ちさせたい人は、カラーシャンプーを使うとカラーが長続きするよ!インスタにはたくさんのおしゃれヘアが載っているから、自分の好みを見つけてみてね!

AiRi

1998年千葉生まれ千葉育ちの大学3年生です。最近はまっているのは、タピオカ♡好きなことはNetflixと海外旅行♡ 今年はハワイとニュージーランドに行きた...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧