「あの子の綺麗な上向きまつげ、どうやって作ってるんだろう?」

女の子はみんな、まつげの長いクリッとした目に憧れますよね!

まつげのメイクは、ビューラーやマスカラ、まつげパーマ(まつパ)、まつげエクステ(マツエク)など様々な方法があります。その中でも今回は、筆者が実際につけてみた「マツエク」について、良かったところ(メリット)と今ひとつだなと感じたところ(デメリット)を素直に書いていきます♡

そもそも、マツエクって?

マツエクとは「実際に生えている自分のまつげに、人工のまつげを接着剤でつけていく」というものです。直接皮膚につけるものではないため、マツエクをする際には自まつげがそもそも健康であることが大切になってきます。

自分のまつげの状態が良くないかも…という方は、まつげ美容液に関する記事もアップしておりますのでそちらをチェックしてみてください!
過去記事>>アイメイクいらずのフサフサまつげになれる!オススメ『まつげ美容液』

マツエクのここがいい!(メリット)

デザインが選べる

マツエクは自分がなりたいまつげに合わせて、エクステの長さ、太さ、色、カール、本数などすべて選ぶことができるため、自分の理想のまつげになることが出来ます♡

マスカラの手間が省ける

朝の忙しい時間にビューラーやマスカラをするのってすごく面倒だなと思いませんか?その手間が完全に省けるのはまつエクの大きなメリットだと思います。

目が大きく見える

これは言うまでもないことですが、やっぱりビューラーなどでは再現できないカールが保たれるので、目が大きく見えることは確かです。横から見たときにも綺麗に見えるのが嬉しい❤︎

意外と自然

最初は、「ケバくなるかな?」と心配していた私ですが、つけてみると意外と馴染んで良かったです。(個人差がありますし、オーダーにもよります。)

マツエクのいまひとつな点(デメリット)

とにかく気を遣う

メイクをする時や落とす時にはこすってはいけない、寝る時はまつげに負担をかけないように注意する、など綺麗なマツエクを長持ちさせるために気をつけなくてはならないことがたくさんあります。慣れないうちは少し面倒かもしれません。

サロンに行くという手間

これは仕方のないことですが、つけるときもオフするときもサロンに行かなくてはなりません。特に、つけてから時間が経ち、まつエクが取れてきてしまっているのになかなかサロンに行く時間がない時は、見た目も汚くなってしまうので困ります…

自まつげが傷む

まつエクの負担で自まつ毛が抜けてしまったり、次に生えてくるまつげが細く弱くなってしまったりします。一度つけると離れられなくなってしまいがちなマツエクですが、適度に自分のまつげを休ませてあげることも大切なのかもしれません。

結局マツエク、する?しない?

これは最終的には「自分に合うか、合わないか」だと思います。性格も関係してくるように感じます。私はメリット、デメリットがそれぞれ同じくらいあるとは感じたものの、マツエクを続けていますが、すぐにやめてしまったという友達もいました。

もし今、初めてのマツエクをしようか悩んでいるという人がいたら、一度試してみるのもいいかもしれません。
しかしその際は、きちんと保健所の認可を受けた安心できるサロンに行くようにしましょう♡

写真:Instagram
文:#Kinari