女の子である以上自分を可愛く見せるテクニックはみんな必ず知りたいはず。だってメイク一つでその日の雰囲気ガラッと変えられるのに、その手を使わない手はない。とは言っても、「メイクって奥深い。特に道具も持ってないし、ブラシをいつも化粧品の付属で済ましてる」なんて方は意外と多いのでは?

そこで今回、メイクブラシにフォーカスして使い方やテクニックをご紹介。

海外のメイクアップユーチューブ動画を参考に幾つか使い方を学んでいこうと思うよ!

今回特に注目した、使い方がいまいち分からない、、、と言われる一つのブラシ。

このブラシの名前は、ファンブラシ/FanBrush(扇=英語でファンであることから、ファンブラシと言われているいるが多い)といわれるもので、多くの場合部分的にハイライト、ブロンザーなんかをつけるため、もしくはパウダーオフすることに使われることが多いのだとか。

またこのファンブラシの特徴は、サイズはとっても豊富だということ。顔の全体部分で使うビックサイズのものから、ポイント的に部分使用できる中位のサイズ、またいちばん小さなものは、マスカラの玉を払う時に使われるものなんだとか。

TazelBoxさん(@tazelbox)が投稿した写真

まずはスタンダードなファンブラシの使い方をマスターしよう!

ハイライト編

ハイライトにもパウダータイプ、リキッドタイプあるけれど、ファンブラシを使ってハイライトをつける場合、パウダータイプがおすすめ。付け方は、意外にもシンプルで、ブラシにパウダーをつけて(この時無駄なパウダーは少し払うと◎)から、ブラシのカーブに沿ってつけたい部分に払うようにつけるのがポイント。

(動画2:30~ファンブラシを使っている姿が見れるよ!)

続いては、
ブロンザー編

顔も輪郭に沿ってブラシをタッチさせながらブラシを動かしてブロンザーをなじませるといった感じ。

ブラシの大きさや特徴は容赦多用で、必ずハイライトやブロンザー専用で使うだけでないの。それはこのブラシに限らず他のブラシにも言えること。その使い方は自分お顔の特徴に合わせて使い分けるのはメイク技術をあげるポイント!

ブラシを使うメイクをしてない子には声を大にして言いたい!ブラシひとつでメイクの完成度はとっても変わるからあなどれない!まだブラシをゲットしていない子は、自分の顔にあったサイズ、質のものを手に入れてみてはどうかな?

写真:Instagram & We Heart It
文:CELESY Writer Sarah