今海外セレブの間でも、秘かに人気を高めているのが「眉タトゥー」。

その名の如く、眉たトゥーとは、眉に入れる刺青のこと。毛の一本一本を丁寧に入れていく眉タトゥーは、自分の理想の眉の形を作れるという点が何よりも人気を集めているポイント!

メイクの中でも、アイブロウに時間をかけている女性も多いはず。「なかなか形が決まらない」「左右の眉の形が違ってしまって失敗が多い」なんてお悩みも多数。

そんな今回は、海外セレブもハマっている「眉タトゥー」について、オススメポイントと、注意点についてをまとめてご紹介!

眉タトゥーデビューしようか考えている、眉タトゥーって実際どんなものか知りたいと思うあなた、必見!

眉タトゥーのメリット

セレブたちが眉タトゥーにハマるのは、その絶大なるメリットから。まず、メイクの時間短縮になることは間違いなし!

毎日のメイクで眉の形が決まらない、なんてお悩みを一回の施術で解消してくれるのが、やはりもっとも大きいメリットといえるでしょう。

そして、次いで眉タトゥーのメリットといえるのが、汗や皮脂、水や摩擦によって、アイブロウが取れてしまう心配をしないで済むという点。このポイントも、眉タトゥーが海外セレブたちに人気を集めている理由の一つ。

ビーチやプールといった水のレジャー、スポーツや体力を使う仕事の女性など、アイブロウが取れて、その都度手直しをするのが負担と感じている女性も多いはず。その手間がない分、ストレスの軽減も望めるといえるでしょう。

眉タトゥーの施術法

眉タトゥーのもっとも気になるポイントと言えるのが、その施術法。基本的には、サロンでの施術がベター。

まず、理想のラインや太さを決め、眉に下書きをしていく。次に、眉タトゥーのカラーを決めていく。髪の色や瞳の色とのバランスを取って、慎重にセレクトするのがポイント。

次に、部分麻酔を施して、施術開始。眉タトゥーの場合は、通常の刺青と同様に深めに色を入れていく場合と、表面の薄い部分に色を入れる場合との2パターンがあり、大抵が後者を選択することが多いのだとか。

眉毛の一本一本をまるで本物の毛のように描き足していく形で施術を行い、ナチュラルかつ理想的な眉のラインを作成していく。

施術後は、少々ラインがくっきり見えるでしょうが、日が経つほどに色身は落ち着いてきて、最初の理想形になっていくといえる。

眉タトゥーのデメリット

眉タトゥーには、もちろんデメリットともいえる点も。海外セレブのような、くっきりはっきりした、美しい眉ラインを手に入れられるというメリットもありますが、トライするには、しっかりデメリットも理解しておく必要あり!

まずは、眉タトゥーは刺青と同じものなので、想像してた仕上がりと違っていたり、短期間で眉の形を変えたいと思っても、それが叶わないという点は、注意すべきポイントの一つ。

また、施術自体に痛みを伴う場合があることも、忘れてはいけないポイント。これは、サロンや本人の皮膚の厚みなどによって、変化してくるものですが、やはり針で色を入れていく施術方法なので、多少の痛みは覚悟しておく必要もあり。

他にも、MRI検査が受けられなくなる場合や、感染症やアレルギーの危険性なども、少なからずあると考えておく必要もあり、これらは眉タトゥーのデメリットと考えられる。

いくつか注意しておく必要もあるのが眉タトゥー。海外セレブたちのような美しい眉ラインに、もっとも近づけるのが眉タトゥーではありますが、それに伴ってマイナス面もあると考慮しておきましょう!

おわりに

海外セレブたちにも流行中の眉タトゥーについて、オススメポイントと注意点についてのご紹介、いかがでしたか?

メイクの中でも、特にテクニックや慣れが必要なのがアイブロウ。その手間や苦労をなくせる点でも、眉タトゥーはかなりオススメ。でも、注意点やデメリットもしっかり把握しておくことが大切。ぜひ参考にしてみて!

写真:We Heart It
文:CELESY編集部