世界初、半永久的なリアルタトゥーがゲットできると話題のinkboxは聞いたことある?

これまでタトゥーシールは日本でも話題になっていたけれど、これまでのタトゥーシールとは違い、より本物のタトゥーに近いものが楽しめるのがinkboxの魅力。

(@inkbox)がシェアした投稿

Inkboxはカナダ発のオーガニックタトゥーブランド。普通のタトゥーとは違い表皮にしか原料が浸透しないようにできているため、見た目は本物でも2週間限定でタトゥーが楽しめる仕組み。

この2週間という期間は、肌が再生するのにかかる期間なんだって。

(@inkbox)がシェアした投稿

海外ではタトゥーを入れる人が多いけれど、それと同時にタトゥーをいれてしまったことを後悔している人が多いのも現状。

そんな人たちを少しでも減らしたい、でもタトゥーを通して自己表現することを続けてほしいという想いからinkboxはスタート。

「これまで大きいデザインはちょっと・・・」と思い切っていれられなかった人や、「試しにやってみたかった!」という人にも気軽にタトゥーを楽しんでもらえるきっかけにも。

この2週間限定のタトゥー完成は、パナマの先住民族が古くからフルーツの果肉を使用してタトゥーをしてきた文化からヒントを得たとか。そのため売上の一部はそんな先住民族の支援に回されているんだって。

(@inkbox)がシェアした投稿

必要なものが全て揃ったパックで届くので一人で簡単につけることができる手頃さと、デザインの豊富さから日本でも人気となり実は今年の6月に3日の期間限定ポップアップショップが上陸済み。

次はいつ日本にポップアップショップが来るかはまだ未定だけれど、オンラインで簡単に購入することができるので、これまでタトゥーが欲しかったという人はぜひ挑戦してみてね。

(@inkbox)がシェアした投稿

最長1年保存できるようなので、夏直前に慌てて購入しなくていいように今から購入しておくのもおすすめだよ!

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen