• HOME
  • CELESY
  • BEAUTY
  • 冬の冷え対策はバスタイムを有効活用!リラックスしてきれいになろう♪

冬の冷え対策はバスタイムを有効活用!リラックスしてきれいになろう♪

寒さも厳しくなってきていますね。
みなさん、風邪など引いていませんか?寒さ対策を毎日考えるのも大変ですよね。

寒さ対策にお悩みの方に今回ご紹介したいのは、「冬ならではのおすすめバスアイテム」!

お風呂でもっとポカポカになれるバスアイテムで、冬の寒さ・体の冷えを乗り切っていきましょう♪

基本の入浴のコツ

 

View this post on Instagram

 

Mr & Mrs Bath Boardsさん(@bathboardsni)がシェアした投稿

まずは、基本のお風呂の入り方からおさらいしてみましょう。

■冷えを改善させるなら、シャワーより「湯船」に浸かろう

 

View this post on Instagram

 

☽ Spirit Nectar ☾さん(@spiritnectar)がシェアした投稿

忙しい日だと、「湯船に浸かる時間ももったいない!」と感じちゃいがちですが、冷えを解消するなら湯船に使っておくのがおすすめ。

湯船に浸かることで体が温まるのはもちろん、

  • 血流改善効果
  • リラックス効果
  • 水圧によるむくみ改善効果

…といったメリットが得られますよ♪

■お風呂の温浴効果は湯船の温度で変わる!

 

View this post on Instagram

 

N ∆ Dさん(@fragola_limone)がシェアした投稿

みなさん、普段どれくらいの温度で浴槽に浸かっていますか?
実は、湯船の設定温度によって温浴効果が違ってくるんです。

たとえば、

  • 38度〜40度程度のお湯:リラックス作用が高まる(微温浴)
  • 42度以上のお湯:興奮作用が高まる(高温浴)

といわれています。

 

View this post on Instagram

 

French interior designerさん(@baptistebohu)がシェアした投稿

ぬるめのお湯は「副交感神経」という心身のリラックスやストレスの解消に関わる自律神経の働きを活発化させ、熱めのお湯は「交感神経」といい、心身を活発化させる自律神経の働きを活発させます。

  • ストレスがたまっていてリラックスしたい、早く眠りにつきたい…という時はぬるめのお湯
  • 朝起きて気分をシャキッとさせたい、まだ夜も仕事が残っていてまだ眠るわけにはいかない…という時には熱めのお湯

に浸かるのがおすすめです♪

もし半身浴をしたい場合は、ぬるめのお湯の方が心身のストレスを感じにくいといわれています。

お風呂タイムが楽しくなる♪ 冬におすすめのバスグッズ

 

View this post on Instagram

 

Sarah and Avalee👩‍👧さん(@ourfamilyinsquares)がシェアした投稿

では、ここからは冬のお風呂タイムが楽しくなるバスグッズをご紹介。

■バスボム

 

View this post on Instagram

 

lush enthusiast 🛁さん(@alushworld)がシェアした投稿

いわゆる「固形炭酸入浴剤」。アロマつきのものや、大粒のホログラムつき、花びら入りなど、その日の気分に合わせて買い足してみるとgood!

炭酸ガスには、血管拡張作用や疲労回復効果、快眠効果が得られることでも知られており、体を酷使した日や寝不足で辛い日に使うのもアリ♪

■バスオイル

 

View this post on Instagram

 

Hoffman Essentialsさん(@hoffmanessentials)がシェアした投稿

湯船に適量をぐだけで、オイルに含まれる保湿作用やリラックス効果が得られるアイテムといえばバスオイル。

オイルによっては、アロマオイルのように良い香り立ちが楽しめるものも多数。特別なことをしなくてもアロマ効果やリラックス効果、保湿効果が期待できるアイテムなので、クタクタに疲れた日にはもってこいのアイテムなんです♪

■しょうが

 

View this post on Instagram

 

Mystic Bath and Bodyさん(@mystic_bath)がシェアした投稿

しょうがに体を温める作用があることは、ご存知の方も多いかと思います。

このしょうが、ココアやミルクに入れてドリンクとして楽しんだり、お料理にプラスして体を温めるだけでなく、お風呂に入れる「しょうが湯」も体の冷え対策に有効なこと、ご存知でしたか?

しょうがをお風呂に入れることで、しょうがの辛味成分で体を温める作用がある「ショウガオール」の効果が体全体に感じられるはず。このショウガオールの働きで、体が芯まで温まりやすくなり、血行もより促進されるように。

新陳代謝も活発になるといわれており、他の季節よりも汗をかきにくい冬場にはとても助かりますね。汗として老廃物を排出しておくことで、デトックスや体臭対策も可能になります♪

 

View this post on Instagram

 

Superior Goodnessさん(@superiorgoodness)がシェアした投稿

しょうがのフレッシュな香りには、

  • 免疫力を高める作用
  • 抗うつ作用

もあるといわれており、日照時間の短さで気持ちが落ち込み気味になったり、風邪やインフルエンザなどの伝染病が流行りがちなこの時期にはまさにぴったり。

〜しょうが湯の作り方〜

  1. しょうがひと握り分(80g〜100g程度)を用意し、すりおろします。
  2. すりおろしたしょうがを目の細かい洗濯ネットか布袋に入れ、浴槽に入れます。
  3. しょうがをすりおろした時に出たしょうが汁も浴槽に入れて完了!

※しょうが湯は、人によってはお肌に合わないこともあります。
心配な方はご注意くださいね。

バスアイテムと入り方を楽しく工夫して冬の冷えを撃退しよう♪

 

View this post on Instagram

 

L a u r a K o u d i n o f f 🥀さん(@laura_kdnff)がシェアした投稿


あらゆるトラブルに直結する冷えの原因を撃退するための、バスタイムで使えるおすすめアイテムをご紹介してきました。
ただお風呂に入るよりも、湯温とアイテムを工夫するだけで保温効果や疲労回復効果が違ってくるはずです。
寒い時期が続きますが、バスタイムを有効活用して冷えに打ち勝ちましょう♪

文:モチヅキ アヤノ
写真:instagram
参考:お風呂のソムリエSHOPウェルラボバスクリン

モチヅキアヤノ

平成元年生まれ。 北欧とアジア、日本を行き来するライフスタイルを送っているフリーライター。 アパレルセレクトショップWEBスタッフ、家具会社の商品企画担当・...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧