• HOME
  • CELESY
  • BEAUTY
  • 圧倒的コスパ♪ 日本未上陸ヴァセリンボディローションをご紹介

圧倒的コスパ♪ 日本未上陸ヴァセリンボディローションをご紹介

ヴァセリンのボディローション、みなさん使ったことがありますか?
筆者は仕事の関係上よく東南アジア諸国を訪れていますが、現地のヴァセリンボディローションは日本よりも香り&機能が豊富なんです。

日本よりも比較的安め(サイズ・キャンペーンによっては500円以下で買えることも…!)でベタつかずに保湿できるヴァセリンボディローションは、常夏の東南アジアでは必須。
あえて日本からボディローションを持って行かず、現地調達することも多いですよ。

そこで今回は、アジアの旅行先で買える日本未上陸のヴァセリンボディローションをご紹介。
香りを楽しみながら現地でボディケアを楽しむのもよし、気に入った機能のものをお土産にしても◎ですよ♪

アジアのヴァセリンボディローション、主な成分は?


credit @lovely_shop2017

まず、成分が気になった方もいらっしゃるかと思いますが、日本のものとほとんど変わらないようです。

主な成分は、

  • ワセリン
  • ミネラルオイル
  • グリセリン
  • 香料

といった成分が主。

筆者は若干敏感肌で、肌に合わないものをつけるとすぐに赤み・かゆみが広がったりしますが、海外のヴァセリンボディローションでトラブルが起こったことはありません。

アジア諸国で買える♪ 日本未上陸ヴァセリンボディローション


credit @the_beauty_journalist

ではここからは、筆者おすすめの日本未上陸ヴァセリンボディローションをご紹介。
香りだけでなく、機能も結構充実しているんですよ。

■Cocoa Ladiant


credit @unikbranded_sby

ココアバター配合のあま〜い香りが堪能できるローション。
ミルク入りの甘めのココアをそのまま身につけているような仕上がりが楽しめます。
保湿力に長けたココアバターが入っているため、保湿力は抜群です。

■Healthy White Lightning


credit @aqsa_blogs

保湿力があるだけでなく、ビタミンB3配合でお肌のトーンを均一にするはたらきもあるアイテム。
日光による肌ダメージケアやメラニン色素の増加防止効果もあるため、出先でうっかり日焼けをしてしまった際にも心強いですね。

■Healthy White Complete 10


credit @unikbranded_sby

やはりアジアでも美白がもてはやされているのか、アジアのボディーローションには美白に特化したものが多いのが特徴かもしれません。

こちらは、ビタミンB3だけでなく、AHAやプロレチノールといった有効成分が入っており、お肌のトーンを明るくしたりシミを薄くする機能、肌の引き締め、UVA・UVB波からお肌を守る機能など10機能ついたもの。

保湿ももちろんできますが、お肌のケアを最優先するならこのモデルを選んでも良いですね。

■Healthy White Sun+Pollution Protection SPF24 PA++


credit @vaselinesl

東南アジア特有の日差しの強さや排気ガスなどによる肌ダメージを防ぎたいならこちらがおすすめ。
日焼け止め付きボディローションなので、ちょっとしたお出かけにもぴったりです。
(ただしウォータープルーフではないのでこまめな塗り直しが必須)

台湾バージョンとベトナム・タイバージョン(日焼け止め機能のみ)を使ってみましたが、台湾バージョンは甘い花の香り、ベトナム・タイバージョンはマーガレットのような香りでした。
発売されている国によって好まれる香りが違うのか、国による香りの違いを感じるのも面白いかもしれません。

他にもまだまだたくさん!現地ドラッグストアでぜひ探してみて♪


credit @heyagirlsleepwear

日本未上陸のヴァセリンボディローションのおすすめをご紹介してきました。

香りや機能だけでなく、サイズもミニサイズからポンプ付きサイズまで様々ですので、使う頻度によって選ぶことも可能なアジア版ヴァセリンボディローション。

今回ご紹介したもの以外にも様々な機能・種類があるので、現地のドラッグストアでぜひ探してみてくださいね♪

文:モチヅキ アヤノ
写真:instagram

モチヅキアヤノ

平成元年生まれ。 北欧とアジア、日本を行き来するライフスタイルを送っているフリーライター。 アパレルセレクトショップWEBスタッフ、家具会社の商品企画担当・...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧