• HOME
  • CELESY
  • CELEB
  • 海外では当たり前?ペットをシェルターで引き取ったセレブたち

海外では当たり前?ペットをシェルターで引き取ったセレブたち

人間の相棒として長年愛され続けているワンコたち。その一方で、無責任な飼い主やペットショップのせいで毎年多くの犬が殺処分されるという現実もあります。

私が暮らすアメリカでは犬をシェルターから引き取る人がとても多く、犬を飼っている友人のほとんどがシェルターから犬を保護しています♡

どのワンちゃんたちも可愛いんですよ!もちろんお金持ちのセレブたちも犬を保護して飼っています。今回はアメリカと日本のペット事情と、犬を引き取ったセレブたちを紹介します♡

きっと記事を読んだ後、犬を飼いたいと考えている人は里親になりたいと思いますよ!

アメリカのペット事情


アメリカのペット事情は、日本とかなり違います。まずはアメリカのペット事情を知っていきましょう!

■動物をシェルターから引き取る人が多い


動物保護団体「ASPCA」によると、アメリカでは23%が犬をシェルターなどの保護施設から、20%が友人や家族から引き取り、34%がブリーダーから購入するそうです。

数字から多くの人が、積極的に犬を保護しているのが分かりますね♡

■カリフォルニア州は保護された動物以外を販売禁止


カリフォルニア州では2019年から、商用的に生産された犬や猫などをペットショップで販売することが禁止になりました。

つまりペットショップは、シェルターなど保護施設から預かった動物しか販売できなくなったんです。今後、この法律がアメリカ全土に広がっていく可能性があります♡

日本のペットショップ事情


アメリカと日本のペットショップ事情と比べてみましょう!

■ペットショップ経営者失踪


日本では、ペットショップの経営者が動物を放置して失踪するという悲しいニュースが届くことがあります。

動物たちは、売れなくなってしまったら邪魔者扱いされてしまうんです。人間の勝手で動物が命を落としてしまうのは辛いことですね。

■日本のペットの殺処分数は減少傾向


環境省の統計データによると、日本全国で犬や猫が殺処分される数が年々減少しています。インターネットの普及で最近では、SNSや里親サイトで犬の保護を募集する人が増えています。

動物も人間と同じように大切な命ですよね。当たり前の考えだと思います。

ネットフリックスで社会問題触れよう。記事はコチラ

犬をシェルターから保護したセレブたち


アメリカでは多くのセレブが、犬の里親になっています。ワンちゃんたちの第二の人生はかなり幸運ですね!

■ザック・エフロン

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zac Efron (@zacefron) on

『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで大ブレイクしたザック・エフロン。2018年に犬の里親になりました。ワンちゃんにはマカと名付けています。

インスタグラムに新しい家族を紹介していて「#買わずに里親になってあげて」とハッシュタグをつけていました。

■アマンダ・サイフリッド

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Amanda Seyfried (@mingey) on

アマンダ・サイフリッドは愛犬家として有名。アマンダは「Best Friends Animal Society」という団体から犬を保護しています。

すっかり相棒となったフィンと、動物の里親のイベントなどにも出席しているそうです♡そんなアマンダは2017年に俳優のトーマス・サドスキーと結婚し、同年に娘を授かっていて家がさらに賑やかになりました♪

■ニーナ・ドブレフ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Maverick Do(g)brev (@mrs.maverick) on

ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』でブレイクしたニーナ・ドブレフ。ニーナは2017年に「The Pet Care Foundation」から子犬を保護しました。

子犬にはマベリックと名付け、専用のインスタグラムのアカウントを作るほどの溺愛ぶりです♡

■クリス・エヴァンス


映画『gifted/ギフテッド』(2017年)の撮影を動物のシェルターでする機会があり、実際に犬を保護することになったクリス・エヴァンス。犬にはドジャーと名付け、とても仲が良いようです♡

■ニッキー・リード

 

View this post on Instagram

 

A post shared by iansomerhalder (@iansomerhalder) on

映画『トワイライト』シリーズの女優ニッキー・リード。動物愛好家として有名なニッキーも、シェルターから犬を保護して飼っています。

ニッキーは、夫イアン・サマーホルダーの基金などを通して、動物保護の活動を積極的に行っているんです♡

■ライアン・レイノルズ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ryan Reynolds (@vancityreynolds) on

ライアン・レイノルズも動物愛好家の1人。2009年に体が不自由な友人スティーヴさんのためにヒューストンにあるシェルターで犬を探していたところ、元気な2歳のワンちゃんに出会いました。

そのまま仲良くなったため、保護することに。バクスターと名付けています。

■マイリー・サイラス

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Miley Cyrus (@mileycyrus) on

大の動物愛好家として知られるマイリー・サイラス。元夫リアム・ヘムズワースと馬4頭、豚2匹、犬7匹、猫3匹を飼っていました。

その規模はまるで移動動物園!マイリーのことだから今後も、多くの動物たちを保護するんでしょうね♡

まとめ


いかがでしたか?

日本とアメリカでは、ペット事情が違うのがよく分かりますよね?セレブたちの多くがシェルターから動物を家族として迎えています。

日本もペットショップではなく、保健所やシェルターから動物を引き取る人がさらに増えるといいですね!

出典:aspca
出典:env

Kana

現在、ロサンゼルス在住。LAで映画制作を学び、長年日本のメディアでハリウッドの映画、音楽、ゴシップ、ファッションについて執筆してきました! ハリウッド映画や...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧