2人のファンならもうすでに知っているはず♡ジェレーナという愛称で呼ばれ、たくさんの人から愛されていたカップルが、今年の11月に復縁をしたという噂が世間を騒がせているよ。

2011年から2015年にかけて、何度も破局と復縁を繰り返してきたSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)とJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)。

もう寄りを戻すことはないと言われていた2人がなぜ復縁?!と思う子も少なくないはず。今回は、そんな2人の復縁疑惑を徹底的に解剖していくよ。

The Weekendとの破局

(@metgala.17)がシェアした投稿

The Weekend(ザ・ウィークエンド)とセレーナは、今年の1月頃から交際をスタートさせ、今年の5月に、ニューヨーク、メトロポリタン美術館で開催されたMet Gala(メットガラ)と呼ばれる世界最大規模のファッションイベントに、カップルとして出席していたよ。

誰もが2人は順調に交際を続けていると思っていたけれど、今年の10月末、2人が破局していたことが明らかになったの。お互い忙しくて、一緒にいる時間を作ることが難しくなってしまったことが、破局に至った原因だそう。

ジャスティンとセレーナがデート?!

今年の10月に入り、ジャスティンとセレーナが2人で一緒にいるところを、度々パパラッチされるように。

2人は一緒にサイクリングを楽しんだり、ジャスティンがセレーナの自宅に行く姿も目撃されているそう。

また、ジャスティンの趣味であるアイスホッケーの練習にセレーナが同行し、さらにそこで熱いキスを交わしている姿がパパラッチされたことで復縁が濃厚と言われている。

キスをしているということは、2人の復縁の噂は本当なのかも♡

なぜ2人は急接近したの?

(@franciaraisa)がシェアした投稿

セレーナは、全身性エリテマトーデスと呼ばれる難病にかかり、今年の夏に腎臓移植手術を受けていたの。難病を患い治療を受けていることを、2015年10月に公表。

そして、腎臓が十分に機能しなくなったため腎臓移植が必要となり、今年の夏に彼女の親友であるFrancia Raisa(フランシア・ライサ)から腎臓を譲り受けたということを自身のInstagramで告白。

この事実が公になり、それを知ったジャスティンがセレーナに連絡をしたことが、2人が再会を果たすきっかけになったみたい。

2人が復縁したかどうかはまだ公表されていないものの、パパラッチされている姿から、2人の関係が修復し、良い関係になったということは伝わってくるね。

2人の口からお互いの話しを聞けるのも時間の問題かも?!

写真:Instagram
文:CELESY Writer Mizuki