いきなり話題となった女性ラッパー、Cardi B(カーディ・B)をご存知?今年の6月にリリースした楽曲、「Bodak Yellow」で全米チャート1位を獲得し、一躍有名となったカーディ。

突如爆発的なヒット曲をリリースした彼女は一体どんな人物なのか?今回はそんな彼女を徹底的に解剖していくよ。

生い立ち

カリブ系の母親とドミニカ系の父親の間に生まれ、本名はBelcalis Almanzarと言うそう。

彼女の両親が、カリブの継承の証としてBacardiと言うニックネームを彼女につけたことから、Cardi Bという芸名になったんだとか。

現在25歳の彼女は、ニューヨークのブロンクスで生まれ、幼少期はマンハッタンにある祖母の家で育ったそう。そしてRenaissance High Schoolで音楽を専攻に学び、無事大学に進学。

ここから彼女の悲劇がはじまったみたい。大学に進学してから、ボーイフレンドと彼の母親と一緒に暮らし始め、とても貧しい生活を送っていた上に、家庭内暴力をうけるという始末。

そんな生活から脱出するために、18歳という若さでストリッパーになることを決意したそう。カーディは23歳でストリッパーを辞め、女性ヒップホップ・アーティストとしての人生を歩みはじめたよ。

有名になったきっかけとは?

VineやInstagramの過激な写真や動画、毒舌な発言がたくさんの人に反響を呼び、数十万人からフォローされていたそう。

ラッパーとして活躍しているNelly(ネリー)やDrake(ドレイク)も、カーディの忠実なファンなのだとか。

そんな彼女は、ネット上でたくさんの人から支持を得たことで、アメリカで人気のドキュメンタリー番組、『Love&HipHop New York』のシーズン6にレギュラー出演することに。それによってさらに知名度が広がったよ。

実は婚約している?!

(@iamcardib)がシェアした投稿

(@power99philly)がシェアした投稿

実はカーディ、「Bad and Boujee」というヒット曲をだした、Migos(ミーゴス)というグループメンバーの1人であるOffset(オフセット)と婚約したの。アメリカ時間の10月27日に、「Power 99」というラジオ番組が、「POWERHOUSE2017」というコンサートをフィラデルフィアで開催。

そのコンサートのパフォーマンス中に、数千人もの観客の前でオフセットがカーディにプロポーズしたそう。オフセットは、特注した8カラットのエンゲージリングを彼女に渡したみたい。一時期は別れたと噂されていた2人だけれど、無事にゴールインを果たしたよ♡

テイラーの記録を覆した?

(@iamcardib)がシェアした投稿

今年の9月末に、カーディのメジャー・デビュー・シングルである「Bodak Yellow」は、3週間もの間1位をキープし続けていたTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の話題曲、「Look What You Made Me do」を押しのけて、ビルボードチャートホット100で1位を獲得したの。

ビルボード100において女性ラッパーが1位を獲得するのは、Lauryn Hill(ローリン・ヒル)が「Doo Woop(That Thing)」という曲で、1998年11月に1位を獲得して以来の快挙!

ヒップホップ界で、女性ラッパーが活躍するのはとても難しいこと。けれど、デビューから2年でここまで昇りつめたカーディは、並大抵ではない努力をしてきたはず。これからもっと勢いがでるであろう彼女に目が離せない!!

写真:Instagram
文:CELESY Writer Mizuki