1Dのゼイン・マリクが、脱退した自身と友人関係を続けているとワン・ダイレクションが嘘をついているとのこと。

ハリー・スタイルズ、ルイ・トムリンソン、リアム・ペイン、ナイル・ホーランの現メンバー4人がインタビューの中で、昨年3月に脱退したゼインと連絡を取り続けているとしたことについて、ゼインは自身が連絡を取ろうと試みたもののそれを拒否されていたと「ルオモ・ヴォーグ誌」の中で反論。

「本当のことを言うと、みんなとまったく話していないんだ。リアムと少し話をしたけど、それがただ自然の成り行きってことなんだ」「何人かに連絡を取ろうとしたけど、返事はこなかったよ。でも、公の場でこのことについて聞かれたら、彼らは俺と話をした、まだ友達だっていうんだ」「でも、それは違うよ。俺が連絡を取って友人でいようとしたけど、電話にも携帯メールにも彼らは反応を示さなかったんだ」

そんなメンバーたちと疎遠になってしまったゼインは、自身と1Dの間に敵対心は存在せず、脱退した理由はただ自身の望む音楽を作ることができなかったからだとのこと。

Zayn Malikさん(@zayn)が投稿した写真

「真実を言うと、本当にそこに参加していたくなかったから、自分が創造的にやっていたことから、精神的にも身体的にも自身を遠ざけていたんだよ。本当の自分じゃないって感じていたんだ」「俺と1Dとの間に競争心なんてないよ。敵対する理由なんてなにもないし、ただ自分のことをしたかったんだ」とコメント。

この事実を知った1Dファンの皆は少しショックかもしれないけれど、あんなに仲良く見えた5人でさえも裏では色々あるみたい。3月から2年間、活動休止になる彼らだけど、個々の個性が存分に出るソロでの活動も気になるところ。

写真:Instagram
文:CELESY編集部