• HOME
  • CELESY
  • FASHION
  • 世界初!NYにジェンダーフリーストア「The Phluid Project」がオープン

世界初!NYにジェンダーフリーストア「The Phluid Project」がオープン

ニューヨークのマンハッタンに位置するノーホー(NoHo)というエリアにおそらく世界初と言えるジェンダーフリーストアがオープンしました。 自由でパワフルなエネルギーを放つこのショップが今ファッション界で注目を集め、大きな話題を呼んでいます。

今回は、そんな The Phluid Proect (ザ ヒュルイドプロジェクト)について紹介します。

The Phluid Projectの創設者は?


何とこのショップは人気下着ブランド、ヴィクトリアシークレットの元幹部、ロブ・スミス氏が立ち上げました。スミス氏は、差別や偏見により苦しめられているLGBTQや性的マイノリティーの人たちに単にジェンダーフリープロダクトエオ提供するのではなく、彼らにとって安心安全で自分自身で居られる場所を提供したいと考え、この The Phluid Project を作りました。

The Phluid Projectの価格帯は?


様々なブランドが展開しているジェンダーフリープロダクトをセレクトして店頭に並べているこのショップ、高価なブランドの中でもこのショップでセレクトされた商品たちは比較的お手頃で日本円にして3500〜22000円程商品が並べられているらしいので、私たちにも手が届く価格で販売されているそう。

店内の様子


このショップではアイテムが性別ではなく、スタイル別で分けられています。例えば、Gypsy sprt や Oak, Dr.Marten などのアイテムが The Phluid Project のオリジナルブランドのアイテムと並べられています。また、それらは特注で作られたジェンダーレスマネキンにディスプレイされているそう。

ファッションアイテムはもちろんですが、店内ではアート本、詩集、コスメティックやキャンドルなどのお洒落な雑貨も販売されているので是非ともチェックしておきたいところ。


店内には誰でも使うことができる小さなカフェやミーティングスペースなどもあり、単なるセレクトショップではなくコミュニティースペースを提供するように心掛けている The Phluid Project だけに、そこではアイデンティティーや社会活動に関する講演会、DJを呼んでのイベントなども頻繁に行われています。

View this post on Instagram

That new new @hardeman_ in stores now. 💋

A post shared by The Phluid Project (@thephluidproject) on


最先端のジェンダーフリーストア The Phluid Project あなたも是非チェックしてみて下さい。

写真:Instagram

Lara

1999年生まれの大学生Laraです。 イタリア生まれ、日本育ちのハーフで海外のファッションやカルチャーに敏感。 好きなことはショッピング、読書、音楽、それ...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧