• HOME
  • CELESY
  • LIFESTYLE
  • ヴィーガンになる人急増中!気軽に始められるサステイナブルなライフスタイルとは?

ヴィーガンになる人急増中!気軽に始められるサステイナブルなライフスタイルとは?

最近、環境問題や社会問題に敏感な人たちの間でヴィーガンへの関心が、高まっています。

特に環境問題を解決するためには、菜食主義は1番の近道であるとも言われています。

また、ヴィーガンは環境問題や動物たちのためだけではなく、私たち人間にとっても良いことがたくさんあるのです。

この記事では、これからの地球のため私たちの未来のための、サステイナブルで新しいライフスタイルをご紹介します!

ベジタリアン・ヴィーガン・ペスカタリアンの違いとは?


主な菜食主義の種類であるベジタリアン、ヴィーガン、ペスカタリアンについて説明します。まず、この3つに共通していることは、肉を一切口にしないということです。

その中で魚などの魚介類、さらに卵や乳製品をはじめとする動物から取れるすべてのものを口にしないのが、ヴィーガンです。厳格なヴィーガンの中には、はちみつも食べない人もいます。

ベジタリアンも肉や魚を食べない食生活のことですが、ヴィーガンとの大きな違いは卵や乳製品を食べるか、食べないかにあります。

そして肉も魚も食べないベジタリアンやヴィーガンに対して、魚を食べる菜食主義をペスカタリアンと言います。

ペスカタリアンは、肉だけを食べない菜食主義なので乳製品は食べる場合が多いです。

ペスカタリアンは、ベジタリアンやビーガンと比べて実践のハードルが低く、比較的簡単に始められることから注目が高まっています。

この他にも自分なりの食生活のスタイルをデザインし、それぞれの菜食主義のスタイルを確立している人もたくさんいます。

ヴィーガンの食生活が与える良い影響


ヴィーガンの食生活がもたらす良い影響を3つ紹介します!

◾️良い影響その(1):環境保護


まず、ビーガンになることで環境問題を解決することに繋がります。実は、私たちが口にする牛肉や豚肉などを生産する畜産業は環境に悪影響を与え、深刻な気候変動の問題を引き起こしています。

例えば、畜産業は大規模な農場を作るために森林を燃やし、自然を壊して多くの二酸化炭素を排出しています。

2019年に大きな話題となったアマゾンの火災も、畜産業のためのいきすぎた森林伐採が原因の1つとも言われています。

家畜のエサの栽培や、各地へ運送するためにも多くの化石燃料が必要であるため、大量の温室効果ガスを排出し、環境へ悪影響をもたらしています。

ある研究では、もし世界中が肉を口にしない食生活にシフトすることで肉への需要が下がると、世界の約75%の土地が守られ、木を植えることが可能になり、大幅に二酸化炭素排出量を抑えることが可能になるということを明らかにしました。

そのため、特に環境問題に敏感なミレニアル世代の間では、地球のためにヴィーガンになることを選択する人が最近増えているのです。

◾️良い影響その(2):動物愛護


ヴィーガンの食生活は、動物たちを苦しみから救うことができます。畜産の世界では、普通なら20年以上生きることができる豚が、わずか生後1年未満で殺されてしまいます。

その残酷な扱い方には、目を覆いたくなるものばかりです。私たちは犬や猫をペットとして可愛がる一方で、過剰な供給で同じ動物であるはずの豚や牛を犠牲にしているのが現実です。

動物への愛情は、ヴィーガンを選択する人にとって共通の価値観となっています。

◾️良い影響その(3):身体の健康


ヴィーガニズムは環境や動物にとって良いだけでなく、私たちの身体の健康にとっても良いことがたくさんあります。

例えば、ハムやベーコンなどの加工肉は発がん物質を含んでいたり、牛乳を飲むことでお腹の不調を引き起こすという研究結果があります。

お肉を食べなくても、健康に生きるために必要な栄養のほとんどをカバーできると言われており、ヴィーガンの人は心臓病やがんなどの病気にかかる確率が、50%も下がるという研究結果も出ています。

そのため、きちんと計画されたヴィーガンの食生活を送ることで、環境にも私たちの身体にも良い影響をもたらすことができるのです。

最近では、美味しいヴィーガンメニューもどんどん増えてきているので、ぜひ1度トライしてみてはいかがでしょうか?

パートタイムヴィーガンから始めよう


動物性のものを全く摂らない食生活ではなく、一時的にヴィーガンになることを「パートタイムヴィーガン」と言い、世界中で多くの人が実践しています。

パートタイムヴィーガンの例としては、週に1日だけお肉を食べない日を決めたり、1日のうち朝とお昼をヴィーガンスタイルにシフトし、夜だけ好きなものを食べるなど様々なやり方があります。

全くお肉を食べないと逆に身体に不調が現れる体質の人もいます。そのため、無理をしてヴィーガンを貫くのではなく、少しでもお肉を食べない日や週を作って、自分に合った食生活をしながら自然環境や動物のための行動を心がけることが大切です。

週に1日だけヴィーガンになるだけでも、環境と身体にとって良い影響があるので、少しでもヴィーガンに興味がある人にとてもおすすめです。

ファッションやコスメもヴィーガンという選択


動物性のものを避けるヴィーガニズムは、動物の毛皮を使用するファッションや、動物実験が行われた化粧品などを避けることも含みます。

一昔前までは、本物のファーや本革の製品を身につけることが豊かさの象徴であり、ステータスシンボルとなっていましたが、近年ではフェイクファーや動物の皮を使用していないヴィーガンレザーが注目されています。

現在は、プラダやグッチなど多くのラグジュアリーブランドがファーフリー(リアルファーを使用しないこと)を、宣言しています。

身近なブランドでは、レザーのブーツで大人気のブランドDr.Martens (ドクター・マーチン)でも、ヴィーガン向けのシューズを販売しています。

また、化粧品やシャンプーなどの日用品の動物実験に反対する声も大きくなっています。

多くの人は、化粧品の安全性を確かめるために多くの動物たちが犠牲になっている事実を知りません。

近年、世界中で動物実験に反対する動きが活発になってきており、日本の化粧品メーカーでも徐々に「クルエルティー・フリー(Cruelty-free:動物に対して残虐な扱いをしていない)化粧品が、増えてきています。

化粧品やバス用品を扱うLUSHでは、創立から動物実験に反対するキャンペーンに取り組んでいます。

動物実験を禁止する法律が整っていない日本では、私たち一人一人が自分が買うものに責任を持つ必要があります。

ぜひ、普段使っている化粧品が動物実験を行なっているかを一度調べてみた上で、買うか買わないの選択をしてみてください!

ビーガンコスメはコチラがオススメ

ヴィーガンライフを送るインスタグラマー3選


最後に、ヴィーガンのライフスタイルについて学べる、おすすめのインスタグラムアカウントを3つご紹介します!

◾️Still a Vegan(@stillavegan)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Still a Vegan(@stillavegan)がシェアした投稿

ヴィーガン活動家であるStill a Veganさんは、ライターの私がヴィーガンについて知るきっかけになったインスタグラムアカウントです。

環境問題や、ヴィーガンについて日本語の字幕付きでわかりやすく発信してくれていて、とても勉強になります。

ショッキングな内容の動画もありますが、現実を知る良い機会になるのでヴィーガニズムについてよく知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。新しい発見があるかも!

◾️未来リナさん(@lina3336)

 

この投稿をInstagramで見る

 

未来リナ(Lina Mirai)(@lina3336)がシェアした投稿

モデルであり「ライフスタイルクリエーター」という肩書をもつ未来リナさん。

ヴィーガン料理のレシピ本の出版や、動物性食品を一切使わないヴィーガンカフェのプロデュースなど、その活躍はますます目が離せません!

環境問題やヴィーガンのことだけでなく、ポジティブでマインドフルなライフスタイルを発信しています。

愛を持って地球と動物と人間が共存するサステイナブルな生き方を提案し、ポジティブなエネルギーが感じられる未来リナさんのアカウントは要チェックです!

◾️ベイカー恵利沙さん(@bakerelisa)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELISA BAKER ベイカー恵利沙(@bakerelisa)がシェアした投稿

ニューヨーク在住で、スタイリスト、モデル、ライターなど様々な分野で活躍するベイカー恵利沙さん。そんな彼女はヴィーガンではなく、お肉を食べないベジタリアン。

日々のストーリーズの投稿では、野菜中心の食事や環境問題、ニューヨークやファッションのことなど学べることがたくさん!

特に、おしゃれでヘルシーなベジタリアンレシピは、とても参考になります。センスが溢れる彼女のインスタグラムは、ベジタリアンになるきっかけになるかもしれません!

最後に…


環境問題や動物のために、完全にヴィーガンになるべきだとか100%ヴィーガンが偉いというわけではなく、ひとりひとり様々なやり方があっていいと思います。

また、1日のうち少しでも動物性食品を摂らない努力をするだけで、地球や動物のために貢献することができます。

この記事が、地球と私たちの未来のためにサステイナブルなライフスタイルを、考えてみるきっかけになったら嬉しいです。

ぜひ、食生活に関心を持って地球にも身体にも優しい生活を送ってみてはいかがでしょうか?

[instagram-feed]

Natsuki

1999年生まれの大学生。アパレルショップでアルバイトをしながらライターをしています。海外旅行とNetflixが大好きで、将来は海外で働くことが夢です。CE...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧