LAでは規制も!地球や人に優しい海外のストロー事情とは?

普段、何の気なしに使っているプラスチック製のストロー。日本でも徐々に意識されつつありますが、海外ではよりストローに対する価値観が、違うんです。

私の暮らすカリフォルニア州では、ハンバーガーをドライブスルーで頼む時に「ストローはつけますか?」と聞いてきます。

それはストローを提供する時に、客に尋ねなくてはいけないからです。

日本では、まだまだ環境や人間に優しいストローについて、知らない人が多いのではないでしょうか?今回は、ストロー事情について紹介します。

プラスチック製のストローの問題点とは?


プラスチックに問題あることは、なんとなく多くの方が知っているのではないでしょうか?具体的に、どのように問題があるのか見ていきましょう。

■人体に影響がある


プラスチックのストローは、ポリプロピレンで作られており、熱の影響などで化学物質が漏れてしまう可能性があるとのこと。

それは海に捨てられたストローでも同じ。海洋生物を通して後に、化学物質が人間の食卓へと運ばれてしまうかもしれないんだとか。

化学物質は、生殖・免疫機能などに悪影響を与えると言われています。

■環境に優しくない


「trvst」によると、アメリカでは1日に5億本のストローが使われているとのこと。しかし、プラスチック製品はたったの9パーセントしかリサイクルされず、12パーセントが焼却されるそうです。

79パーセントは、埋め立て地、ゴミ捨て場、または自然へと運ばれていってしまうのだとか。

プラスチック製は自然に分解されず、動物が食べると消化できないため、自然界に大きな影響を与えているんです。

■アメリカの一部の地域でストロー禁止に


アメリカではワシントン州のシアトルで、2018年7月1日からプラスチック製のストローが禁止になりました。

カリフォルニア州は2019年からレストランなどの飲食店で、プラスチック製ストローの提供が規制されるようになりました。

客の要望がない限り、プラスチック製のストローを提供することが禁止されています。

これは、州においてアメリカで制定された初めての法律。今後全米に広がっていくことが期待できそうです。

エコとコスメブランドの取り組みの記事はコチラ

プラスチック製以外のエコなストローとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Turfue Straws (@turfuestraws) on

プラスチック製以外にも、代わりになるストローがたくさんあります。そのいくつかを紹介しますね!

■紙製

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Paper Straws Company (@paperstrawsco) on

最近スタバでも見る機会がある、紙製のストローは、かなり定番になってきました。

紙製だと、もちろんBPAフリー(化学物質ビスフェノールAフリー)で、自然にも分解され、毒性がありません。

万が一、小さな子供が食べてしまっても必要以上に、心配する必要はありませんね!紙製はプラスチック製と同じくらい、手に入りやすいストローです。

■メタル製

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zulay Kitchen (@zulay_kitchen) on

メタル製は、丈夫で何度も洗って使用することが可能なので、経済的にも環境的にも優しいです。とはいえ、スムージーやミルクシェイクなどの硬めの飲み物には、あまり向いていないんだとか。

■ガラス製

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Glass straw (@glasstraws) on

ガラス製もプラスチック製よりも環境に優しいと言われています。一見、割れやすそうですが、意外に丈夫なんだそうです。

ただ、自然に分解はされず他のストローよりも、価格が高めなんだそう。

■その他

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Sugarcane Straw (@sugarcanestraws) on

他にもさまざまな種類のストローがあります。ステンレス製、シリコン製、竹製などがあります。シリコン製は柔らかいので、小さな子供向けです。

最近では「plant-based(植物性)」という言葉をよく耳にしませんか?英語圏の人たちは、自分の食生活やライフスタイルを「plant-based」と表現することがあります。

そのため、最近ではさまざまな植物性の製品が販売されており、植物性の素材でできたストローもあるんです。

100パーセント自然へと分解することが可能で、人体にも優しいです。

まとめ


いかがでしたか?何の気なしに口にするものでも、少し気をつけるだけで自分の体だけでなく、環境にも優しくなっていくのは素敵なことですよね。

私は、ヘルシーなライフスタイルが大好きなので、こういったストローが日本や世界中で、どんどん広がっていってほしいと思っています。

出典:trvst

[instagram-feed]

Kana

現在、ロサンゼルス在住。LAで映画制作を学び、長年日本のメディアでハリウッドの映画、音楽、ゴシップ、ファッションについて執筆してきました! ハリウッド映画や...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧