女性のたしなみとして、香水をそろえるのも、女子の楽しみのひとつ。気分によって香りを変えたり、見た目にもかわいいそのボトルは、お部屋のインテリアとして飾っておくだけでも、テンションが上がるはず。

でも、自分に合った香水を選ぶのって実は難しいもの。香り自体でも、合う合わないがあり、また「こんなイメージの香水がほしい」「こんな香りを求めてる」と思っても、実際理想にピッタリマッチしたものを見つけるのは至難の業。

そんな今回は、「海外セレブに学ぶ香水選び」として、海外セレブが愛用しているオススメの香水を大特集!憧れのセレブと同じ香りをまとって、一段上の女性へ大変身!ぜひ、チェックしてみて!

●Chanel No.5

女性に支持される香水の代表と云っても過言ではないのが、この「Chanel No.5」。古くから美しい女性の象徴として語り継がれたChanel No.5は、いまでも海外セレブ愛用のアイテムといえる。

また、映画女優史上、もっともセクシーな女優だったといえるマリリン・モンローが、「眠る時は何を着ているのか?」という質問に対し、「Chanel No.5を」と答えたのは、有名なエピソードの一つ。

この発言も大きなきっかけとなり、海外セレブの間でも、Chanel No.5はセクシーな女性の象徴と定評が付き、スカーレット・ヨハンソンなど、魅力あふれる女性たちが好んで使用するようになった。

特徴的なその香りは、まるで贅沢なブーケのように、芳醇かつさわやかな花の香りが、絶妙なバランスで配合された仕上がりに。

●GUCCI premiere

存在感と力強い女性の象徴をコンセプトとし、つけるだけで自信がみなぎってくるような快感を得られる、「GUCCI premiere」。

オレンジブロッサムとシトラスオイルが絶妙なバランスで溶け合う、軽やかでツヤがある、極上のフレグランス。

まるで女性の芯の強さと、包容力のあたたかさを兼ね備えた香りに、海外セレブたちも、こぞってGUCCI premiereに夢中になっているとか。

ゴシップ・ガールで一躍人気を博したブレイク・ライブリーもこの香りの虜になっているみたい。彼女のように自信にあふれ、魅力たっぷりのオーラを身にまといたいなら、GUCCI premiereにチャレンジすべき!

●ck be

香水であっても、甘く乙女チックになりすぎてしまうのが苦手という方にオススメなのが、Calvin Kleinの「ck be」。

さわやかさと甘さ、そして香りにアクセントとして乗せられたスパイシーな印象が、クールに輝く美しい女性像にぴったりの香水。

幾多の魅力的な海外セレブたちを広告塔として指名してきたCalvin Kleinだからこそ表現できる、女性の甘えすぎない美にスポットを当てた「ck be」は、発売から10年経っても愛される魅力あふれるアイテム。

ベルガモットやミントといった軽やかさと、ホワイトムスクの香り高いセクシーな印象を織り交ぜた、自然体でいられる癒しを提供してくれる香水。

●ARI by ARIANA GRANDE

今ティーンの女性を筆頭に人気が急上昇となっている海外セレブ、アリアナ・グランデが自信でプロデュースした香水、「ARI by ARIANA GRANDE」。

とにかく香水が好きなことで知られるアリアナ・グランデは、自分の「好き」をすべて詰め込んだ特別な香りを求め、ARI by ARIANA GRANDEを完成させた。

ラベンダーカラーのダイアモンドのようなボトルは、ただ眺めているだけで、海外セレブのような華やかな気分にさせてくれる、まさに女の子のほしいものが形になった、注目度MAXの香水。

フルーティーで甘酸っぱいグレープフルーツやラズベリーの香りと、クリーミームスクなど、ちょっと大人目の香りが交わり、可憐な少女のようでいて自立した女性とも感じる、まさにアリアナ・グランデそのもののような、香り。

おわりに

海外セレブから学ぶ、香水選びのポイントのご紹介、いかがでしたか?

海外セレブが長く愛用しているアイテムから、その本人がプロデュースしたアイテムなど、種類は多様。いろんなアイテムを試して、自分の取って置きの香りを見つけちゃお!

写真:We Heart It
文:CELESY Writer 菜都未