日本で毎日の生活にシリアルバーを取り入れている子はどれ位いるのかなアメリカから一時帰国する時にシリアルバーを大量に持ち買えるくらいシリアルバーは私の必需品。

今回はそんなシリアルバーのメリットと私が普段よく食べているおすすめのシリアルバーを紹介するね!

シリアルバーとは?

シリアルとはトウモロコシ・オーツ麦・小麦・大麦などの穀物のこと、また穀物加工品のこと。日本でいうコーンフレークというのが一番分かりやすい説明かな。シリアルバーはそれを固めて日本にあるソイジョイやカロリーメートのように棒状にしたもののことを指すよ。

シリアルバーのここがいい!

@naturevalleysaが投稿した写真

たくさんの食物繊維が含まれている

シリアルバーにはたくさんの食物繊維が含まれていてそれが体内の毒素を出す働きをしてくれるの。他にもシリアルバーによってビタミンなどのたくさんの栄養が含まれているから簡単に栄養補給するのにおすすめ。でも海外のシリアルバーは甘いのが多いから食べ過ぎには注意だよ!

忙しい朝でもすぐに栄養補給ができる

シリアルバーを1本食べれば満足感が得られるから忙しくてパンを焼く時間がなくてもこれさえあれば大丈夫!朝ごはんを食べた方がよく勉強できるとかダイエットにも効果があるってよく聞くよね。朝ごはんを抜きがちの子もシリアルバーから初めてみない?

とにかく手軽!

細くて小さくて持ち運びに便利なサイズだから、朝ごはんだけじゃなくちょっと小腹が空いた時でも食べたいシリアルバー。アメリカの大学ではみんな授業の合間にぱっと食べられるように持ち歩いている人が多いよ。

Karenおすすめのシリアルバー

Nature’s Valley (ネイチャーバレー)

@sweetappletonが投稿した写真

私が一番好きなシリアルバーはネイチャーバレーのOATS&HONEY(オーツ&ハニー)味。特徴は食べた時のザクザクとしたクランチーな食感と控えめな甘さ。食べ応えがあるから一つで満足感があってその上アメリカのシリアルバーによくある甘ったるさがなくて日本人の口にもぴったり。

日本ではコストコなどで手に入るよ。アマゾン、楽天などでも売っていて気軽に手に入るのは嬉しい!一番の定番はオーツ&ハニー味だけれど他にもりんご味、ピーナッツバター味、ココナッツ味などあるからお気に入りの味をぜひ見つけてみてね。

Trix (トリックス)

さん(@beantownbesties)が投稿した写真

このシリアルバーの特徴といったら何と言ってもカラフルな色!日本ではほとんど見かけない商品だけれど私は定期的に食べたくなるから一時帰国する時はいつも買って帰ってくるの。日本で食べてみたらみんなの注目の的になるこのシリアルバー、食べたことのない子はアメリカに行った時ぜひ挑戦してみて。

Kellogg’s Rice Krispies (ケロッグズ ライスクリスピー)

ん(@wing.box)が投稿した写真

アメリカでライスクリスピーといえば青のパッケージというくらい有名なケロッグのシリアルバー。日本にあるポン菓子を溶かし、マシュマロで固めたようなもので、アメリカで大人から子供まで幅広い世代から支持されているの。

また、ケロッグに限らずたくさんのメーカーやお店がライスクリスピーを販売していて、アメリカのスターバックスなどでも売られている他、ニューヨークにはライスクリスピー専門のスイーツショップTreat House(トリートハウス)までできているの♡

http://treathouse.com/

自分でもシリアルバーを作れる!

輸入食品店などで海外のシリアルバーは売っているけれど、やっぱり高いなと感じる人は日本で売っているシリアルを使って自分で作ってみるのもおすすめ。

好きなシリアルに、マシュマロとバターさえあれば簡単にできるよ!お好みでドライフルーツやチョコを加えたりするなど、アレンジにも挑戦してみてね。

アメリカでは子供から大人まで日常的に食べているシリアルバー。その理由は手軽で健康にもよくて種類も豊富だから。

今日紹介したシリアルバー以外にも数え切れない程たくさんアメリカには売っているからアメリカに行った時はスーパーなどでチェックしてみてね!

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen