Sugarfina(シュガーフィナ)とは2012年にロサンゼルスでお菓子が大好きな夫婦が映画「チャーリーとチョコレート工場」にインスパイアされて立ち上げたお菓子の販売ブランド。

イタリア、ドイツ、ギリシャなど世界中を夫婦で周ってみつけたチョコ、キャラメル、マシュマロ、グミ、飴など大人のためのお菓子を販売しているの。

さん(@sugarfina)が投稿した写真

看板スイーツは名前も見た目も可愛いドイツ産のグミ、シャンパンベア。辛口シャンパンのブリュットとピンクのシャンパンロゼをモチーフにしているけれどアルコールは含まれていないのでいくら食べても大丈夫!

さん(@sugarfina)が投稿した写真

さらに純金をつかったマシュマロやゴールドサブライズボールという中にどのスイーツが入っているか分からないボールなど高級感溢れる商品も。
また秋にはパンプキンパイ味のスイーツなど季節限定のスイーツも見逃せない!

さん(@sugarfina)が投稿した写真

ちなみに日本からは京都のカラフルな金平糖が売られているんだよ♡

青を基調としたシンプルなデザインと透明な四角のボックスに入った可愛らしさも売りで、プレゼント用に買う人も多いみたい。プレゼント用に用意されているBENTO BOXも同じく青のシンプルな箱で、好きなスイーツを組み合わせてオリジナルボックスを作ることが可能。

元々はウェブサイト上のみでの販売だったSugarfinaは今ではアメリカ全域に実店舗があり、気軽に購入が可能に。残念ながらアメリカ国外には出店していないので日本では買えないけれどオンラインで購入ができるのでぜひ!また、アメリカに来た際にはお土産にぜひ買って帰ってね。

さん(@sugarfina)が投稿した写真

高級感漂うスイーツブランドSugarfinaはお菓子は小さい子たちだけのものじゃない!いくつになってもキャンディーを楽しみたい!という大人たちの希望にこたえたお店。

どれもこれもカラフルで、可愛くて、テンションが上がっちゃうこと間違い無し!インスタグラムも見ているだけど幸せな気分に浸れるのでぜひチェックしてみてね。

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen