毎日30度を超える暑さが続いていてアイスが手放せないよね?

アメリカのニューヨークではおしゃれなアイスがたくさんあるのだけれど、その中でも去年からずっと注目されているアイスクリームロールは聞いたことあるかな?

今回は、日本ではまだまだ珍しいアイスクリームロールを紹介!

アイスクリームロールとは?

さん(@i_ce_ny)が投稿した写真


アイスクリームロールとは、アイスクリームを薄く伸ばして丸めたもののこと。

作るときに、日本でもあるアイスクリームのチェーン店コールドストーンと同じように、冷たい鉄板を使用。

鉄板に液体状のアイスを流し込み、完全に凍ってしまう前に、果肉やチョコなどを追加し、混ぜながら薄く伸ばして、最後は丸めて完成したのがアイスクリームロール!

作っている過程を見ているのが楽しい上、出来上がりもおしゃれ。

ニューヨークで大流行のアイスクリームロールだけれど、元々はタイの屋台で売られているアイスクリームだそう。

今はニューヨークやシンガポール、カンボジア、インドネシアなどを中心に広まっているみたい。

はじまりは10below ice cream!

さん(@thisisme_doingme)が投稿した写真

ニューヨークでアイスクリームロールに火がついたきっかけは、チャイナタウンにオープンした10below ice creamというアイスクリームロール専門店。

ロゴのクジラが可愛らしいこのお店が、インスタグラムで話題になり、今ではニューヨークに3店舗も構える有名店に。

メニューは常に8種類ほどあり、店舗によって期間限定・店舗限定メニューもあるのだそう。

そしてトッピングはたくさんある種類の中から自由に選べるの。トッピングによって見た目もずいぶん変わるから、自分のお好みをチョイスして可愛いアイスクリームロールにできちゃう!

まだまだ人気のアイスクリームロール♡

話題を呼び続けているアイスクリームロール、今では10below以外のお店もどこも毎日大行列!

10below ice creamと同じく、チャイナタウンにあるjuicy spot cafeではトッピングにチュロスがあったり、自分で味とトッピングをすべてカスタマイズできたりと、少し変わったアイスクリームロールが楽しめそう。

さん(@juicyspotcafe)が投稿した写真

またI-CE-NYは、ニューヨークの他にフィラデルフィア・フロリダ・アトランタ・カリフォルニアにも店舗があり、アイスクリームロールがニューヨーク以外でも流行りそうな予感。

ここまで読むとやっぱり気になるのは、日本でも食べられる場所があるのかということ。調べてみたところ、残念ながら日本にはまだアイスクリームロールを食べられるお店はないみたい。

けれど、今年の5月に、埼玉県で行われていたアイスクリーム博覧会2016で販売されていたそう。

もしかしたらもうすぐ日本上陸もあるかも?!

写真:Instagram
文:CELESY Writer Karen