台湾の夜市を訪れたら食べてみて!後悔しない絶品B級グルメ6選

日本人観光客がもっとも多い国の一つといえば「台湾」。

グルメ天国としても名高い台湾は、世界の食通を日夜うならせています。
とくに、台湾全土に広がる「夜市」はありとあらゆるB級グルメや雑貨が密集している食の宝箱。
この夜市で毎晩食事を楽しむ台湾人も非常に多くいます。

今回は、初めて台湾を訪れる方で「夜市に行ってみたい!」という方向けに、夜市で必ず食べていただきたいおすすめB級グルメをご紹介。

フードトリップや食べ歩きに興味がある方や、台湾の食文化に興味がある方はぜひ読み進めてみてくださいね♪

台湾の夜市どんなところ?

 

View this post on Instagram

 

一個香港人🇭🇰🚶帶你看台灣👀🇹🇼さん(@wawapapa.116)がシェアした投稿

台湾全土に広がる夜市(よいち、イェーシー)は、その名の通り夜に営業している市場のこと。

主に中華圏や東南アジア圏でポピュラーな市場で、台湾では、食事ができるスタンドや食堂、雑貨屋さんやゲーム屋台があったりすることが多いです。

夜市のメインストリート脇にはドラッグストアやアパレルショップ、コンビニが並んでいることも多いため、食事とショッピングを楽しむこともできる便利なスポットです。

色とりどりのネオンや人でにぎわう活気溢れた雰囲気も見所で、ついついインスタにアップしたくなるスポットもたくさんありますよ♪

■夜市の予算ってどれくらいあればOK?

 

View this post on Instagram

 

KOYOさん(@la_men.boy)がシェアした投稿

夜市で食べられるグルメは、基本的に街のレストランなどに比べて格安なことがほとんど。

予算は一人当たり300元(約1,000円)程度あれば、お腹も満たされます。

筆者の経験上、もしお友達やカップル2人で旅するなら、500元(約1,850円)程度あればちょうどよくシェアできるくらい。

ローカルの方が多く訪れている夜市だと、もう少しだけ安く済ませることも可能です。

夜市のおすすめグルメ

 

View this post on Instagram

 

みなみさん(@mnm__6110)がシェアした投稿

では、ここからは筆者が食べてとても美味しかった夜市の鉄板グルメをご紹介。
ガッツリ系からあっさり系まで幅広くピックアップしてみました。

■あっつあつを頬張って!サクサク『胡椒餅』(フージャオピン)

 

View this post on Instagram

 

ⓔⓘⓛⓔⓔⓝ 🐙さん(@crappysotong)がシェアした投稿

胡椒餅は、パリパリの肉まんのようなもの。

パイ生地とパン生地の中間のような生地の中にお肉とネギたっぷりの餡を入れ、釜の中で焼いています。

 

View this post on Instagram

 

@_sa_eosm10がシェアした投稿

夜市によってはその胡椒餅作りの工程が見れることも。(写真は台北・饒河街観光夜市にある人気店「福州世祖胡椒餅」)
スタッフさんの手さばきがすごすぎて、見とれてしまうこと間違いなしです。

焼きたてのあつあつを少しずつ頬張るのも良し(出来立て直後はやけど注意!)、少し冷ましてガブリと頬張るのもまた良し、と2通りの食べ方が楽しめます。

胡椒餅の餡によっては、肉汁が多いこともあり、カリカリサクサクの生地とジュワーっと広がる餡と肉汁のコンビネーションは一度食べるとハマりますよ…!

■お箸が止まらない!肉汁とそぼろの食感がたまらない『魯肉飯』(ルーローファン)

 

View this post on Instagram

 

@megu_tangがシェアした投稿

聞き馴染みのある方も多いであろう、台湾を代表するご飯もの。

お茶碗に盛られた白ご飯にほんのり八角がきいた豚肉そぼろがかかったそぼろご飯です。

お好みで煮卵がプラスできる屋台もありますので、メニューの写真を指差してオーダーしてみてください♪

■カリカリじゅわ〜がたまらない!牡蠣オムレツ『蚵仔煎』(オアジェン)

 

View this post on Instagram

 

Kelita Yeoさん(@kelitayeo)がシェアした投稿

台湾の小粒ながらミルキー&濃厚な味わいの牡蠣がたっぷり入ったオムレツ。
カリカリの焼き目がついた卵生地と、片栗粉がまぶされたトロトロの牡蠣の2つの異なった食感も楽しいですよ。

お店によって味付けが異なるほんのり甘めのピンクのソース、これがまたとっても牡蠣とぴったり合うんです。
筆者はこれまで何度も台湾で蚵仔煎をいただいていますが、このピンクソースの味が何を使った味かなかなかわからずにいます。
それでもついついオーダーしてしまう人が続出しているミステリアスなピンクソースのかかった蚵仔煎、ぜひ現地で堪能してみては?

■爽やかなレモン味でさっぱり。『檸檬愛玉』(オーギョーチー)

 

View this post on Instagram

 

@syk_tksmがシェアした投稿

ここまで、「なんかこのメニューたち、胃もたれしそう…」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

台湾の夜市ではドリンクメニューも充実しており、カットフルーツ屋台やフレッシュジュース屋台などのドリンク系屋台もたくさんあります。

初めて台湾を訪れる方にぜひおすすめしたのが、「檸檬愛玉」ジュース。檸檬味のジュースにプルプルのゼリーが入ったドリンクです。
この愛玉は「愛玉子」という植物からできている自然のゼリー。プルプルの食感とレモン味のジュースは、ハイカロリーな食事と街歩きで疲れた体をほっこりと癒してくれるはずです。

お店によっては、甘いタピオカもプラスできますので、プルプル系ドリンクに目がない方はぜひオーダーしてみてくださいね♪

■え、棺桶?『棺材板』(グァンツァイバン)

 

View this post on Instagram

 

Hiroya Kobayashiさん(@h.kobayashi0808)がシェアした投稿

棺桶という字に戸惑う方もいらっしゃるであろう「棺材板」。実は、カリッと揚げた食パンをくり抜いてクリームシチューを入れてパンでフタをしたトーストなんです。

南部発祥のストリートフードで、シチューの中身はシーフードやチキンなどいろいろ選べますが、悩んだらとりあえず「全部入り」の写真を選んでオーダーしてみましょう。ボリュームたっぷりのトーストがいただけますよ♪

カレーパンよりもより繊細な生地感のパン生地と日本のシチューよりもぽってり濃厚なシチューのミルキーさがたまりません。

味付けが濃いめの中華メニューに飽きた方や、小さなお子様連れファミリーにもおすすめのグルメです。

■名前も見た目もインパクト◎『大腸包小腸』(ダーチャンバオシャオチャン)

 

View this post on Instagram

 

Masterchickenさん(@masterchicken8)がシェアした投稿


棺の次は大腸小腸ときました。

これは、ホットドックパンに見立ててもち米で作ったソーセージ(大腸)に甘い台湾ソーセージ(小腸)をサンドした台湾風ホットドックなんです。

名前のインパクトもすごいですが、見た目の「ソーセージにソーセージが乗ってる感」が人気で、台湾系ハッシュタグのインスタでもたびたび目にする夜市グルメ。

もち米ソーセージはとってももっちりしていて、ホットドックを食べているはずなのにご飯を食べているような不思議な感覚に。もち米と台湾ソーセージの甘みが合う、新感覚のグルメです。

台湾の夜市には不思議&絶品グルメが満載♪

 

View this post on Instagram

 

kentaさん(@fhoto.k)がシェアした投稿


台湾の夜市に必ずある、おすすめグルメをご紹介してきました。

どれも日本では見慣れないものばかりで、夜市を散策しながら食べる台湾夜市グルメは台湾旅行の素敵な思い出になるはず。

士林夜市など大きな夜市は混雑することも多いため、持ち物の管理に気をつけながら、台湾でしか食べられないグルメをたくさん満喫してくださいね♪

モチヅキアヤノ

平成元年生まれ。 北欧とアジア、日本を行き来するライフスタイルを送っているフリーライター。 アパレルセレクトショップWEBスタッフ、家具会社の商品企画担当・...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧