• HOME
  • CELESY
  • LIFESTYLE
  • 【2019年版】意外と知られていない?有名セレブたちが使う#ハッシュタグを大公開!

【2019年版】意外と知られていない?有名セレブたちが使う#ハッシュタグを大公開!

毎日インスタグラムをチェックしている人はとっても多いはず!投稿はあまりしないけどストーリーズの機能を使って今何をしているのか、どんな気持ちなのかをアップする人もたくさんいますよね!

そんな毎日使うインスタグラムだからこそ意外と役に立つような英語のスラングをまとめてみました♪普段使えそうなスラングの言葉を中心にまとめてあるので誰でも気軽に使えるはずっ!

今日のインスタグラムのストーリーに試しに使ってみてね♪このスラングたちをさらっと使いこなせるようになったらかっこいいかも~♪

#win

 

View this post on Instagram

 

2️⃣0️⃣1️⃣9️⃣💝 #happynewyear

Emma Robertsさん(@emmaroberts)がシェアした投稿 –


「#win」→「最高、ラッキー」などといったハッピーな時に使えるハッシュタグです。「win」は直訳すると「勝つ」という意味ですが、英語のスラングでは何かうまくいったときや、ラッキー!と感じた時にも「win」を使います!

例えば、友達が何かをおごってくれた時にその写真と一緒に「win」を使えばラッキー、やったー!というニュアンスになります!そんなラッキーな日があったときは#winのハッシュタグを使ってみてください♪

#blessed

 

View this post on Instagram

 

Emma Robertsさん(@emmaroberts)がシェアした投稿


blessedは最近とっても流行っている英語スラングの中のひとつです!「blessed」の意味としては「恵まれている」です。自分が恵まれているなと感じたときや、感謝の気持ちを表したいと思ったときに使える言葉です。

彼氏が素敵な所に連れてってくれた、友達に恵まれていると感じた、など幸せだな自分は恵まれているな~と思ったら#blessedのハッシュタグを使うべき!

海外セレブなどたくさんの人が#blessedのハッシュタグを使っているので使い方を参考にしてみては?

#netflixandchill

 

View this post on Instagram

 

Stephanie Ytさん(@stephyttravels)がシェアした投稿


「#netflixandchill」を直訳で訳すとネットフリックスを見ながらゴロゴロくつろぐくらいの意味になりますが、英語のスラングでは恋人とイチャイチャするといった感じのニュアンスになります!

彼氏とお家でまったりしているときや映画を見ているときなどの写真と一緒にこのハッシュタグを使うといい感じに♪

#bae

 

View this post on Instagram

 

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿


「#bae」は「before anyone else」(誰よりも優先して)の略で恋人や親密な関係の相手の呼称のことなんです。恋人との写真をアップする際に使えるハッシュタグですね♪

#thirsty

 

View this post on Instagram

 

Lily Collinsさん(@lilyjcollins)がシェアした投稿


「#thirsty」の本来の意味は喉が乾いている状態を表すときに使う言葉ですが、英語のスラングでは何かを強烈にすっごく欲している状態のときに使います。なにかすっごく欲しいものがあるときはその写真にこのハッシュタグをつけてアップしてみてください!

#slay

 

View this post on Instagram

 

Selena Gomez Officialさん(@selena_gomez_officials)がシェアした投稿


「#slay」とは殺すといった怖い意味なのですが、英語のスラングでは「めっちゃいい」という意味になります。このハッシュタグはどんな写真にも使える言葉です。

#ugh

 

View this post on Instagram

 

Taylor Hillさん(@taylorhillx)がシェアした投稿


「#ugh」というのは、悲しいとき、落ち込んだとき、がっかりしたとき、うんざりしたとき、イライラしたときといった少しマイナスなときにつかえるハッシュタグです。

意味としては、「うわぁ、はぁ」といったニュアンスです。明日のテストがやばい、買ったばかりの白いセーターを汚したなどテンションが下がった時に使えるスラングです。

#goodvibes

 

View this post on Instagram

 

Y U K Iさん(@001y_k_)がシェアした投稿


「#goodvibes」というのは「いい感じ」といったニュアンスの意味があります。「vibes」(バイブス)はアメリカの若い世代で流行っていたスラングで、意味は、フィーリング・雰囲気・テンションといった感じです。

それで「good vibes」というのは「いいフィーリング」「いい気分」「いい雰囲気」などといった意味になります。

#goals

 

View this post on Instagram

 

Y U K Iさん(@001y_k_)がシェアした投稿


「#goals」もアメリカで人気のひとつのスラングです。意味としては、何かへの「理想」や「憧れ」です。

例えば、ファッションがキマっている写真を見て「fashion goals」だと言ったり、友達との楽しそうな写真を見て「best friend goals」などと言って使います。

初めの頃は海外セレブや他の人の投稿に対してコメントで言っている場合が多かったのですが、最近では自分の投稿にもハッシュタグでつける場合が増えています!

自分の理想や目標だったと思うものを投稿する時に!
例えば彼氏と素敵なデートに行った時の写真に「#boyfriendgoals」のハッシュタグを使ってみたりすることもできます!いい感じのものにプラスで「#goals」をつけるだけでおっけい!

ハッシュタグをプラスしてみよう!

 

View this post on Instagram

 

Lily Collinsさん(@lilyjcollins)がシェアした投稿


どうでしたか?普段使えるスラングのハッシュタグをまとめてご紹介してみました!普段からインスタグラムを使っている人も多いと思うのでぜひ気軽に英語のスラングのハッシュタグを使ってみてください♪

 

 

YumiToibara

#YumiToibara プロフィール 現在大学2年生で、ライターをしています。 メイクやファッションが小さいころから今も大好きです! 好きなものをざっくり...

プロフィール

PICK UP

関連記事一覧